銀座をぶらぶら

  • 投稿日:
  • by
今日は妻と一緒に銀座でランチでした。
銀座をブラブラしながら、そう、いわゆる銀ブラというやつです。
ここに昔来たねとか脱毛ラボ銀座店はここだよとか言いながら歩いていました。

食事は妻がどうしても前から行きたがっていたベトナム料理のお店へ行きました。
僕はあまり東南アジア系の料理は食べたことがなかったので、辛いのかなぁなんて想像していたのですが、そうでもなくて食べやすいです!
まぁパクチーがニガテな人は難しいでしょうけど。
特にお勧めは、名前を忘れてしまったのですが、ベトナム風オムレツです。
オムレツのなかにはお肉(選べるので僕らは鶏肉チョイス)や細かく切った野菜などが入っています。
それにさらに生野菜みたいなのも一緒にチリソースみたいなものにつけて食べるんです。
これがおいしい!とてもヘルシーだしサッパリした味わいなので飽きることがありません。
定番の生春巻きもよかったし、シメ的に頼んだ、フランスパンにパテを挟んだサンドイッチをとてもおいしかったです。
ひとつだけダメだったのは、ドクダミみたいな葉っぱです。
パクチーは大丈夫なんですけど、まさに雑草みたいな苦い味で食べられませんでした。
たまにはベトナム料理いいですね!今度は夜に行ってビールといっしょに食べたいです。

姉弟

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

わが家には、上が4歳の女の子、下が2歳の男の子がいる

比較的、いやたぶんかなり仲のいい方だと思う

弟は、つねに姉の後ろをついて回り、何かしたいときは、つたない言葉で、姉を呼び続ける

姉は、他の家族の下の子をかわいがっているのを見たことがないので、少し心配したが、すごく下をかわいがる

お世話をすることがたのしくて仕方ないようだ

上は、どちらかというと人見知りが激しい方で、知らない人ばかりの中だと入っていけない

公園でも、児童館でも

でも、弟が出来て、一緒に行けるようになってからは、世界で一番心l強い味方を得たようで、常に手をつないで連れていく

兄弟ってそんなものだなっと思うようになってきた

弟は、わが道を行くし、人見知りもないので、一人で行けるはずだったのだが、さすがに成長に合わせて、姉がいる場合といない場合では、感じが変わってきた

 

しかし、不思議なことがある

姉は、幼稚園の中ではお友達と遊んでいるのに、なぜかお迎えに行くと弟としか遊ばない

弟と遊ぶっと勝手に決めて帰ってきて、回りのお友達の誘いをことごとく断ってくる

 

母としては、せっかく友達が誘ってくれているのだから、どんどん友だちと遊んでほしいのに・・・

家で、弟とはたらふく遊べるのだから

そんな母の気持ちは、よそに入園してから1年半、毎日それを続けている

来年の11月には、弟が入園する予定だ

そうなると、今から、◎◎が入園したら幼稚園の中でも遊ぶんだ!っとのこと

ますます心配が重なる。。。

どうなるんだろうか・・・彼女の友達関係が非常に心配である

それでなくても、どちらかというと友だちつくりが得意ではないと思われるので

兄弟げんかが絶えないと悩む親も多い中、うれしい悲鳴のようでもあるが、なんだか本当に不安なのである

 

 

おでん

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

とうとうおでんの季節が来ました

ひとことでおでんといっても、外食で食べると結構高価なものになるらしいです

そして、地区でまったく違った味付けとかもあるんですよね

からしで食べる地区もあれば、味噌で食べるところもある

その味噌が、普通の麦のような味噌もあれば黒い八丁味噌みたいなところも

ネタだって色々

もちろん、定番の大根、蒟蒻、練製品などなど、それ以外もタコやロールキャベツ、はんぺんなどもあります

また、最近の一番人気はウィンナーらしいです

ただ、炊きすぎるとかなり膨張しますので、要注意

いろんな味がたのしめて、そして、結構作るのが簡単

そのため、主婦にも喜ばれますよね

わが家でも、この時期すごく定番になります

ただ、玉子アレルギーっ子がいますので、練製品などは卵白のはいらないもの。。もちろん玉子はなし

など、制約がだいぶ入ります

おでんネタは、玉子が入っていないものが非常に少ないです

ただ、ニッスイシリーズは、どれも入っていない わが家の強い味方です

 

いつも迷うのは、おでんだけでは、なかなか満足してもらえないので、それ以外のおかずに困ってしまいます

もう1つメインを持ってくるのは、悲しいし、汁物は、味が重なりそうだし

つあいがってがいいメニューですが、それ以外でいつも迷ってしまいます

 

また、おでんの残り汁って、みなさんは捨てられていますか

私が聞いた幼稚園の先生レシピでは、これをカレーやビーフシチューにリメイクするそうです

そうするとだしの利いたちょっとコクのあるものに、仕上がるらしいですよ

カレーよりもビーフシチューの方が、あうかな

具の関係から

もちろん、練製品とかはすべてあげておいてください

このリメイクブームを利用した、ちょっとしたレシピでした

一度お試しください

 

幼児心理

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日、ご報告しましたが、やっとこさ保育士資格が取れました

ただ、現在、この勉強を続けていきたい

それは、どういった方向にする・・・っと、模索しているところです

そこで、自分の興味があるものは何か?と考えました

それは、幼児心理でした 発達心理について知りたいと思っています

もちろん、これは親になったからそう思っているのですが

これを、どのように進めるか・・・・そこで、大学で学ぶことを少し思いました

お金のことも、時間のことも、何もかも気にしなければ、本当に通学で大学にかよいたい

しかししかし

上に書きましたように、私は専業主婦、その上、下の子はまだまだ2歳になったばかり、保育園にも行っていません

自由になるお金もありません

一番現実的なのは、放送大学で3年に編入し、そのまま心理学を勉強していく方法があると思います

そのためには、一番安くても18万ぐらいはかかるのかな

パパにどこまでお願いできるかわかりませんが、でもここまで来たらしたいなあ・。。。

大学で学ぶ心理学ってどんなものかなっと少し調べてみました


 

こちらは、放送大学ではないのですが、お話を伺ってもやはり興味がわきます

もちろん、2年間それを学んだからといって、すぐにお金になる仕事に着けるわけではないと思います

完全なる自己満足のために行くことになるかもしれません

&nb sp;

しかし、人生の中で、そうそう学びたいと思う時期があるとも思えないし、仕事をしていない今という時間もないし、勉強する姿を子どもに見せるのもいいかなっと勝手に正当化したりして

あーあ、パパには同意が得られないだろうなっと、まだまだ悩み中です

一言何か添えるべきなのか

  • 投稿日:
  • by
雑誌やらお菓子の箱やらについているプレゼント、応募したことはありますか?私は今まで一度もしたことありません。

当たるかどうかわからないプレゼントのためにかかる、官製ハガキ代や切手代や、当選者数の少なさを考えいつも及び腰だったのです。

ところが今日、ひょんなことからエタラビの心斎橋に予約の応募ハガキを出すことになりました。

住所や氏名等必要事項を記入していてふと思ったのが、一言何か添えるべきなのか、ということです。

応募条件に商品の感想や希望が特に求められていない場合の話です。何か一言記入したほうが当選しやすいのでは、と思ってしまったのです。

いくら「厳正なる抽選」と言われても、やはり一言(しかも印象の良いこと)を書いた方がよいのかと。

こういった場合のハガキは、プレゼントの担当者の方が1枚1枚目を通しているのでしょうか。

せっかく応募しようと思ったのに、ハガキを前にモヤモヤと考え込んでしまい、まだ書けずにいます。

でもこういう下心を持った人間のハガキは、当たらないのかもしれませんね。

合格しました!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

保育士試験の結果が届きました!

あまりのドキドキで気分が悪くなりそうでしたが、届いたはがきをダメ元で小心者の私は、空に透かしてみたりして

って、見えるし!!!

透かしたら見えてしまいました 合格通知 の文字

 

よかった・・・本当によかった

苦節3年

今年を逃したら、初年度の筆記試験8教科を勉強しなおし

それも、科目が変わっているため、私の持っているユーキャンの資料では、もう勉強さえもできない

今年は背水の陣だったにも関わらず、先日報告したように実技がひどい結果

 

そう思っていた実技

本当に採点基準が全くわかりません・・・( ゚Д゚)

 

なんせ、絵に関しては、内容はともかくどう考えても言語の3分間語りよりもできた自信があった

言語に関しては、もう絶句するほど。。。記憶していません

ただ、間違いなく恐ろしく早いスピードで話をしたことは間違いない

 

それなのに、50点満点で30点が合格ラインなのですが

絵は36

言語は44

 

言語の高得点に、自分では奇跡かと思うほど信じられませんでした

 

もしもこれから受験される方が見られていたらっと、私の受けた感想をかかせてください

完全なる個人の意見です

 

・書き終えていること

・条件はクリアーしていること

・明るいタッチであること

などではないでしょうか

 

言語

・本は人気の作品とかは関係なく、やはり年齢にあった適切な題目を選ぶことが一番(なにせ私は大きなかぶですから)

・早口は要注意

・ジェスチャは少な目だけど、入れる

・今年の議題が、3分以内にまとめてだったので(今までは3分間話すだったから、微妙に違いますよね)、内容はまとめた方がいいのかも(私は、最後のねずみをカットしました でも時間が余ったけど)

・生徒にも一緒にカブをひいてもらうように、アピールしました(犬から、じゃあみんなも一緒に!っとか)

 

言語の方が、不安が多かった分アレンジを覚えています

あまりにも題目の内容を変えすぎるのは、不利のようです

こんな私でもどうにかなりました!みなさん頑張ってください

 

 

ただいまリフォーム中

  • 投稿日:
  • by
現在、我が家のリフォームが進んでいます。
リフォームと言っても増築で、新しい部屋が2つ増えます。
1階に一部屋、2階に一部屋。
予定としては、1階が応接間になり2階が我々若夫婦の寝室になります。
2階の寝室は当初、小屋裏を3階部分に作って舅が使う予定でした。
しかし、建築法か構造上の理由かどちらか忘れましたが、増築部分と既存部分をまるまる繋げて小屋裏を作るのは不可能だとわかりました。
舅は最初すごく渋って、増築部分によつんばいになって入れればいいと言っていましたが、人の倍近くある体格ではとても通れません。
リフォーム会社の人に説得され、エタラビの福岡店結局は若夫婦の寝室の上にロフトを作るということになりました。
まったく予想していなかったのでたなぼたでしたが、天井が高くなると聞いて少し楽しみです。
収納がただでさえ少ない家なので、ロフトは家族から反対されてもクローゼット代わりにしたいと思っています。
全て終了するのは2ヶ月後。
まだもう少しかかります。

モンテッソーリの敏感期

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 モンテッソーリでは、敏感期という言葉をよく聞く

この敏感期は、まさに自分も実感したので、私の中ではすとん!と理解することができた

人には、色々な敏感期があり、それはその人にとって一番身に着けやすい時期のことである

敏感期にそのものを学ばせることができれば、それはその人の中で大きな財産となりよりよく身に着けることができる

 

特に2歳頃の子供は、運動の敏感期真っ盛り

まさにわが家の2歳児もその通り

自分が倒れるまで、遊び続ける

眠いと思うまで動き続け、こけたかな?っと思うほどいきなり床に倒れて、寝始める・・・

この運動の敏感期では、自分の力を出し惜しみすることはないらしい

たとえば、親だと夕方から夕飯やお風呂などの準備があるから、ちょっと今は休憩して力を残しておこっと思うが、子どもは決してそんなことをしない

その時の遊びや動きを常に全力で行う

ただ、ここで全力で使うことを知らないと、次のステップに進めない

こうやって、1つ1つの敏感期を満喫、いや十分充実させてやることで、次のステップ次のステップをすべて充実させていくことができる

人間の土台を、裾のを広げていくことができるらしい

 

昔は、そんなことを意識することなく、子どもは夜暗くなるまで外で遊んだりっと、勝手にそんな形になっていたらしい

しかし、今現在、たとえば幼稚園後に習い事や服が汚れるから外遊びはちょっと・・とか言っていると、この敏感期をどんどん失っていってしまう

すると次のステップに進んだ時も、土台が少ないので、幅を広げていけない

っという、なんとも不安定なピラミッドができてしまうのだ

 

モンテッソーリは、その敏感期を拾いながら順序だてて成長させていける方法の1つだ

本当に素敵な方法だと実感している

 

雨の日の災難

  • 投稿日:
  • by
今日はすごくいい天気で洗濯日和だと思い、布団のシーツも洗濯し、ぽかぽかとした太陽のしたに数枚干しました。
そしてそのまま次の作業に取り掛かり、気がついた頃、大雨が降って来ました。
その時の私は「雨すごいな~」としか思っておらず、エタラビの天王寺にもそれから数時間が過ぎた頃、ふと気づきました。
シーツほしっぱだったことに。
あわてて外にいくも当然雨に打たれてずぶ濡れ。
あわてて取り込みもう一度選択し、どこに干そうか考えました。
シーツが数枚なので部屋干しするにもどこに干していいかわからず仕方なくアイロンで乾かすことにしましたが、すごく時間と手間がかかりトホホでした。
天気予報を見ても今日はずっと晴れだったのに、今の季節の天気はすごく変わりやすく大変だなと思いました。
寝る時にいつも布団乾燥機をつけて、布団を1度暖めてから寝ようと思ったのですが布団乾燥機で洗濯物を乾かせば良かったということに最後に気がついた私でした。
ぬけてるなと思ってしまいました。

ロスジェネの逆襲

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 半沢直樹が終わって、なんだかなあっと思いながら、即座に本屋に駆け込んで購入したロスジェネの逆襲

やっと時間ができて、一気に1日で読んだ

本当に面白かった・・・って、かなりの上から目線ですみません

でも、本当に私的には面白すぎた

 

ごたぶん漏れず、ドラマ自体に毎週興奮しながら観ていた

本を読むことが嫌いではない私にとって、いつも思うが、どういう頭の構造だと、このような物語が出来て

そしてこのような大勢の人を引き付けることができるのか

・・・恐ろしく驚かされる

有名な作家さんばかりを読んできているので、何かのポリシーがあるわけでもないが

本は読みだすと、どっぷりはまってしまう

宮部みゆきさんの作品も、それで読み漁った

レベル7を読んだ時の衝撃は、今でも忘れられない

本を読みながら、お風呂に入るのが好きだった時期も、

2日に1度本屋に立ち寄るほど、色々な作家を楽しんでいた

 

そんな私も、子どもが生まれ、自分の時間というものから、完全に疎遠になっていた

夜な夜な寝られないため、すきを見ては寝る生活

子どもとかかわるため、自分のことは後回し

本屋に行っても、手にするのは子育て本や育児の本

メンタル面の本などなど、読む種類もまったく変わっていた

 

そんな生活をしていたので、今回は久々の読書らしい読書タイム

それだけでウキウキだった

 

原作は、2冊をドラマにしていたので、今回の本は純粋に続き物

現在その続きは連載中

今回のヒットにより、どんどんと注目されるであろう

 

今回を気に、色々な本を本屋に行かなくてもいつでもどこでも読めるように、キンドルを新しく購入することを決めた

これをパパの誕生日プレゼントということで(#^.^#)

今、新シリーズも出て、CMしているしね

 

ますます、読書の秋は深まっていきそうだ