保育士試験 余談

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 前回2回にわたって、保育士試験のことを日記に書いたが、今日は余談

 

実は、保育士試験の筆記を受け時のこと

私は、筆記科目2日間の最後の最後にある、「保育実習論」の1教科を再受験する予定だった

そこで、今年はこの1教科を受けるため、筆記2日目の朝から自習室で勉強をしていた

といっても、自習室は大学の食堂なので、かなり広い

その上、めちゃくちゃたくさんの人が受験をしているので、結構込み合っている

 

そんな中、そんなところで、まさか知り合いに会おうとは・・・

それも、友達ならまだしも。。。。

なんと、子どもの幼稚園の担任の先生!!!!!!!

これにはびっくりした

確かに、幼稚園免許を持っていると、保育士の筆記の一部と実技は免除される

しかし・・・・なんだか気まずくありませんか?

・・・それも、微妙に遠いし、なんだか確認で何度も観れないし

 

まあ、そんなこんなしている間に先生は、どこかへ

 

その疑問を解こうと、聞いてみたいなっと思いつつ

いろんな事件や行事があり、すっかり聞きそびれ忘れている私

 

そんな私に、先生がこの間

そういえば!!っと言っておもむろに聞かれたので、びっくりした・・・

お互い、こんなところにこんな人が?!みたいな

先生としても、きまずいよなあ

だって保護者と!(^^)!を合わせるなんて、

それも私は、その先生よりも10歳近く年上

そんな人がなぜに受験しているのか?!っと思ったに違いないんだけど

もう、とにかく同様する出来事であったことは間違いない

ちなみに、その試験はどうにか合格した

本当によかったよかった

 

でも、先生はまだらしい。。。来年も頑張るというお話でした

まだまだ若いからいいよね~ って、思わず言いそうになってしまう今日この頃でした